ITサービスは、今日の企業活動においては不可欠なほどその重要性を高めており、顧客がITサービスに求めるニーズは多様化し、かつ高度化しています。
変化の激しい顧客ニーズに、より的確かつ迅速に対応していくためには、当社が真のITサービス企業を目指して変革を行い、顧客の企業価値を高めるサービスを提供していく必要があります。

顧客の企業価値を高めるためには、顧客の事業・業務ニーズに合わせたITサービスを提供し、顧客の事業目的の達成に貢献しなければなりません。顧客の事業が発展してこそ、当社の存在価値があると当社に従事する者は理解しています。

当社は、ITサービスマネジメント管理態勢を構築し、継続的な改善に努めます。この活動により、ITサービスの品質と顧客満足度の向上をはかることが、当社の使命であり課題であります。

当社におけるITSMS(ITサービスマネジメントシステム)に関する基本的な方針を以下の4点とします。

1.

顧客の事業目的達成に向けたITサービス提供
提供するITサービスが顧客企業の事業目的の達成に寄与するよう、技術的な要件だけでなく、顧客のビジネス自体に関するニーズを正確に把握し、最適なITサービスを提供します。

2.

高品質なサービスの提供と継続的な改善
現在のサービス品質に満足することなく、継続的な改善に努め、ITサービスの問題点を明らかにし、具体的な改善計画を立案・実行します。

3. 適正な価格でのサービス提供
提供するITサービスの高品質化とともに、継続的なコスト削減努力と価格の透明性追求により、サービス内容と価格との適正なバランスを保ちます。
4. 管理プロセスの構築・運用
ITサービスを提供するにあたって、情報システムの運用管理業務を管理プロセスとして構築・運用するとともに、組織体制や運営規定を整備します。
ITSMS認証(平成20年4月取得) 平成25年4月1日
株式会社エムアンドシーシステム  
取締役社長 布施 成章